情景モデルの「廃墟」を作ってみた

無数の銃弾が飛び交う戦場では、遮蔽物の多い廃墟は歩兵にとって重要な防御拠点となります。ウォーハンマー40000のルールで比較すると、樹木生い茂る森やジャングルのカバー・セーヴィング成功率が1/3で約33%なのに対し、廃墟のカバー・セーヴィング成功率は1/2で50%と有利であることが分かりますね(謎の森チャートで判定した結果、森のほうがカバー・セーヴ値が良くなることもありますが)。

というわけで、今回は「廃墟の製作」について解説していきます。相変わらず手作り感丸出しの出来ですけど、参考になれば幸いです。

制作に必要な品々は以下のものです。カラーパウダー以外はホームセンターや100均ショップ、家の庭先や川原で手に入ります。

○カッターナイフ
○スチレンボード
○木工ボンド(速乾タイプ)
○アクリル絵の具(黒、茶色、黄土色)
○カラーパウダー(緑)
○小さめの石と細かい砂


では製作過程を説明していきましょう。

廃墟①②

①スチレンボードで、適当なサイズのベース部分を切り出します。

続きを読む

スポンサーサイト

情景モデルの「樹木」を作ってみた

緑豊かな情景ボードには、樹木が生い茂る森エリアが良く似合いますよね。また、ゲームにおいてはカバーを提供したり、自軍あるいは敵軍の侵攻ルートを考慮する重要な要素になります。

そこで今回は情景モデルの「樹木」を制作する過程を記事にしました。手作り感丸出しで、凝った出来の代物ではありませんが参考になれば幸いです。

用意する物は以下の品々です。たいていの品は魚沼地方で調達できます←これ重要!

1.針金
2.ペンチ
3.工作粘土
4.スチレンボード
5.木工ボンド(速乾タイプ)
6.アクリル絵の具(黒、茶色、黄土色)
7.ライケン(緑)
8.カラーパウダー(緑)

1~5はホームセンターや100均ショップで入手できます。ダイソーには黒の工作粘土や黒のスチレンボードが売っていて便利です。

アクリル絵の具の黒は文具店や画材店で買えます。100均一ショップには茶色や黄土色は売っているんですが、黒だけは売っていなかったりします。

6と7は模型店や一部のオモチャ屋で入手できます。魚沼だと、十日町市のオモチャ屋が一番近いかな。あとは長岡市の模型店に売っています。また、通販で買うという手もあります。


では、製作過程を説明しましょう。

樹木①②

①まず、針金をねじって樹木の心棒を作ります。心棒の下部はちょっと丸くしてベース部分にします。

続きを読む

プロフィール

やつ

Author:やつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR