スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災厄の兆したる機動要塞兵器 モノリス制作記

モノリスはリヴィング・メタルと呼ばれる半ば知性を持った「生ける金属」でできた兵器です。全方向の装甲値が14とランドレイダー並みの硬さを誇り、機動力に劣るものの深縦攻撃で戦場に登場することができます。対人、対ヴィークル用の強力な射撃武器の他に、「永久の門」と呼ばれる武器を装備しています。この「永久の門」を使って、戦場や予備戦力にいるネクロンのユニットをモノリスの門へワープさせたり、周囲の敵兵を吸い込み戦場から消滅させることができます。モノリスは災厄の兆しとか不吉な前触れとして恐れられていますが、理由はモノリスが現れた後にほぼ必ずネクロンの侵攻軍が現れるためです。


モノリスの制作は「本体を組む→ベースの色を塗装→エッジ塗り→細かいところを塗る→クリアパーツをはめ込む→デカールを貼る」といった流れで行いました。

モノリス基本色塗り

ベースになる色は濃い緑(旧シタデルカラーのダークエンジェルグリーン)を使用。塗る面積が広いため、3分の2くらい残っていたカラーを殆ど使い切りました。さて、次が問題のエッジ塗り作業です。


モノリスエッジ塗り

↑画像はとりあえずエッジ塗りをほどこした状態です。モノリスの「角」の部分にひたすら明るい緑(旧シタデルカラーのスノットグリーン)で線を引くだけの簡単なお仕事でした。嘘です。線の太さを調節したり、色が薄いところを濃くしたり、はみ出たところなどを修正をしたりと、すげえ手間がかかりましたね。ネクロンのミニチュアにはエッジ塗りを施すと決めた以上、モノリスだけエッジ塗り無しというわけにもいかず、この塗装方法を選んだことを後悔しつつ作業を進め、何とか完成に至りました。

エッジ塗りさえ終われば、あとはそれほど難しいところはありません。門の装飾を金、四方に備え付けられたガウスフラックス・アークを黒と銀で塗り、クリアパーツをはめ込み(はめ込む部分がカツカツなので、接着の必要は無いでしょう)デカールを貼り付けて完成です\(^○^)/


モノリス正面

モノリス斜め

モノリス上部

世の中には、エッジ塗りにグラデーションを施す猛者がいますが、自分の技量と根性ではこれが限界。近くで見ると塗りとかパテ盛りに粗が目立つので、じっくりと見ないでくださいw

過去に「同じものを二度と作りたくないミニチュア」にドロップポッドやオルクのトラックを挙げましたが、現在ではモノリスが「同じものを二度と作りたくないミニチュア」堂々の1位です。まあ、ゴーストアークとか作ることがあればランキングが変わることがあるかもしれません。


ネクロン同盟軍

とりあえず完成した同盟用ネクロンアーミーの集合写真。まだウォリアー12体とスカラベ3ベースが未制作ですが、それらが完成すれば、強いかどうかは別として1042ポイントのアーミーになります。同盟用の編成制限につきエリートとへヴィ枠は埋まっているので、あとはトループ枠のウォリアー、ファスト枠のスカラベを追加したり、枠を消費しないオビロンやクリプテックを迎えたいところ。

他の勢力と同盟を結ぶ際、ザンドゥレクの「人間やエルダーやオルクなどの異種族は、全てネクロンティール(ネクロンがまだ生身の肉体を持っていた頃の種族名)に見えている」という設定があるので、同盟する理由を考えるのが楽だったりします。

このネクロンアーミーは、今のところ「体を緑色に塗りたくり、叫び声を上げて攻め込むという野蛮なネクロンティールの王朝」に見えているオルクと同盟を組んで戦っていく予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やつ

Author:やつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。