ホビット:ゴブリン町からの脱出 善の勢力のミニチュア

ゲームズワークショップ社のホビット:ゴブリン町からの脱出には、映画「ホビット 思いがけない冒険」に登場する13人のドワーフ、ホビットのビルボ、魔法使いのガンダルフ、´〝ゴブリン町“を支配するゴブリン王と配下のゴブリン達のミニチュアが入っています。また、限定版のセットには茶色のラダガストのミニチュアがさらに付属しています。

トーリンの団

ゲームシステム的に、ミニチュアは善なる勢力(ドワーフ達、ガンダルフ、ビルボ、ラダガスト)と邪悪なる勢力(ゴブリン達)に分かれていまして、今回は善の勢力に属するミニチュアを紹介していきます。

灰色のガンダルフ、ビルボ、トーリン

画像左から灰色のガンダルフ、ビルボ・バギンズ、トーリン・オーケンシールド。ガンダルフは様々な魔法を使って味方を支援したり敵を攻撃します。ビルボは一つの指輪を身に着けることで敵から見えない状態になります。ちなみに“ホビット”の時代設定では、指輪の持つ悪意が完全に目覚めておらず、一つの指輪を身に着けることで受けるペナルティーを無視できます。トーリンの持っている剣はオルクリストといい、オークやゴブリン、ウルク=ハイに対して大きなダメージを与えることができます。


フィーリ、キーリ、ドワーリン、バーリン

画像左からフィーリ、キーリ、ドワーリン、バーリン。フィーリとキーリはお互いのベースが接触していれば、位置を入れ替わる連携術をとれます。ドワーリンは屈強な戦士で、両手持ちの武器を使う際のペナルティーを受けません。バーリンはターン開始時の先制権を決めるダイスロールを振り直す能力を持っています。


ボンブール、ボフール、ビフール、ドーリ

画像左からボンブール、ボフール、ビフール、ドーリ。ボンブールはベースが接触している味方の「意志」(※魔法をかける&抵抗する判定などで消費される)を回復させることができますが、体格のせいで移動に制限を受けます。ボフールは魔法や特殊能力の影響を無効化することができます。ビフールは自身がダメージを受けている場合、各ターンに1回「ヒロイックアクション」(※移動や攻撃で特殊な行動をとる)を行えます。ドーリの近くにビルボがいる時、ビルボはドーリの武勇・意志・宿命」(※ヒーローが持つ特殊な能力の数値)を自分のために消費することができます。


オーリ、ノーリ、オイン、グローイン

画像左からオーリ、ノーリ、オイン、グローイン。オーリはスリングの射撃の名手で、ダイス目次第で自動的に目標にダメージを与えます。また、トーリンの団のメンバーがオーリの近くで敵ヒーローやモンスターを倒した時、そのメンバーは「武勇・意志・宿命」を回復させることができます。ノーリはドワーリンと同じく、両手持ちの武器を使う際のペナルティーを受けません。オインはベースが接触している味方のダメージを回復したり、周囲の味方が戦闘で振ったダイスを1個振り直しさせることができます。グローインは優れた戦士で、ダメージを与えるかどうかの判定でダイスを振り直します。


茶色のラダガスト

限定盤セットに付属する茶色のラダガストです。魔法使いであるラダガストは魔法を使いこなすだけでなく、鳥たちを使って戦場を見渡すことで、あらゆる場所に視界を通すことができます。


以上、善なる勢力のミニチュアでした。造形がとても良くできていて(細いパーツ部分が強度的にちと神経を使いますが)どのミニチュアも格好良いですね。個人的にはキーリとドワーリンが好みです。

色指定はGW社の作例を参考にし、色が不明な個所や再現が難しい色の部分はだいたいのイメージで塗りました。色指定がはっきりしているものは塗りやすいんですが、茶や黒のような色ばかり使うミニチュアが塗り分けしにくかったです。この中だとフィーリやキーリ、オーリが似たような色ばかりだったので手間取りました。

ラダガストを除く15体のミニチュアで「トーリンの団」という一つの部隊を編成することができます。全員が名前持ちキャラクターで能力と編成コストが高いため、少数精鋭の編成になるんですが、一体一体が強いからなんとかなるかな? 敵に囲まれてボコられたりしない? うまく戦えるかどうかは運用次第でしょうけども。兵数を増やすために、エレボールの戦士や厳鎚を加えていきたいところです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やつ

Author:やつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR