スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる出物があれば手を出したくなるゲーマーの性

だんだんどうも。魚沼のミニチュアゲーマーのやつです。最後に記事を書いてから1年近く何も書かずにほったらかしにしていました。久しぶりすぎてパスワード変更していたのを忘れてログインに手間取ってしまったものの、なんとか編集画面に到達できました。

仕事や家庭に時間を使うことが多くなったり、遊ぶ機会が無かったり、経済的な制限で自由に趣味にコストを割けなかったりで、ゲーマーとしては全然活動していませんが、一人だけの空いた時間ができれば作ったり塗ったりしています(妻がいる時はなんとなく気が引けてミニチュアを弄れなかったり)。この一年で完成したミニチュアは少ないんですが、今後の記事で紹介する予定です。

以前のように好きなように買い物はしなくなった(できなくなった)のですが、それでもゲーマーたるもの、入手する機会さえあれば手を出してみたくなるもの。そんなわけで、これ↓を入手することとなりました。

Malifaux ザ・サンダー

これはMalifaux(マリフォーまたはメリフォーと読むみたい)というゲームのミニチュアで、いくつかある勢力の一つであるテンサンダーに属するミニチュアモデルが6体含まれています。ゲームの詳細は調査中ですが、とりあえずこれ1つで他の人と対戦できるスターターセットっぽいです。

Malifauxは舶来のゲームのためルールが英語なのですが、Mr.Fieldというお店のHPで和訳が公開されているので(リンク先はこちら)、まずはミニチュアを作りつつゲームシステムを理解していきたいところ…といっても遊べる未来が見えてこないから、ミニチュア制作に専念するだけかもしれません。

ザ・サンダー ランナー

箱からランナーを取り出してみたら、パーツの細さにびびりました。材質はプラなので接着は楽そうですが、組み立て説明書が無いので難易度が高そうです。作ったり色塗ったりするだけでなく保管するのにも気を使わなければいけませんな。

廃都の兵士たち

今年の2月に入手したフロストグレイブの兵士セットを一通り塗り終えました。

フログレ兵士セット

公式から発売している兵士セットは、様々なパーツを組み合わせて20体のソルジャーを作ることができます。今回は8種類の兵士を組み立てました。

続きを読む

慣れたころには飽きがくる?

フロストグレイブのシナリオで使用する「沈黙の塔」と「博物堂」が完成しました。材料は100均ショップで買ったスチレンボードで、制作作業は鉛筆で線引き→カッターで切断→木工ボンドで接着をひたすら繰り返しました。

まずは大物情景モデルの沈黙の塔から解説をば。

沈黙の塔その1

一辺の長さが約8.5インチで、高さが屋上部分を含めると約12.5インチあります。塔の下部に比較用のスペースマリーンを1体配置しましたが、大体の大きさがお分かりいただけたでしょうか。

続きを読む

廃都建造中

久々の日記更新です。前回の記事からこの記事を書くまでの間、フロストグレイブ用の情景モデルをひたすら作っていました。

ウオヌマグレイブ制作中

今のところ崩れた壁や建物、シナリオで使用する納骨堂や湧き水が完成して、博物堂(動く石像が並んでいる廃墟)と沈黙の塔(内部では魔法が効果を失う廃墟)を制作中です。

しかし、このゲームはいくつ廃墟を作っても、なんとなくまだ足りないような気がするんですよね。

続きを読む

凍てついた廃都の奥深くへ

去年の8月だか9月頃に「魔力の暴走による大吹雪で滅びた都市を舞台に、そこに埋もれている財宝をめぐって繰り広げられる魔法使い達の争い」をテーマにしたミニチュアゲーム、フロストグレイブの日本語版ルールブックが発売されました。元は舶来のゲームですが、日本語化されたということもあって、発売されてから各方面で注目が続いています。

遅ればせながら、私も日本語版ルールブックを入手しました。

フログレのルルブ買いました

ハードカバーのしっかりとした作りで、フルカラーで読みやすい書き方の内容になっています。新しいゲームのシステムに手を出すのは久しぶりで、ワクワクしてくるものがありますね。

続きを読む

プロフィール

やつ

Author:やつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。